学校では教えてくれないお金の話

長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

プロフィール

のぼり

Author:のぼり
ツイッターアカウント
@noborin10
サラリーマン投資家。
投資歴は10年以上です。
長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

FC2カウンター

検索フォーム

「ソーシャルレンディングの仕組みとメリット・デメリット その1」

こんにちは!(@noborin10)

ソーシャルレンディングの連載の第2回となります。

前回の記事で「ソーシャルレンディングとは何?」について記載しましたが、

ソーシャルレンディングとは

皆さんから少しづつ直接資金を集めて、お金を借りたい企業へ「融資」を行い、融資に対する利息を配当として受け取ります。

はい。正直これだけなのです!

銀行に預けても雀の涙程度の利息しかつきません。

しかも大手メガバンクは銀行の普通預金口座に対して、口座開設手数料や維持手数料を検討中との記事が新聞などにありました。

マイナス金利の影響や、銀行自身が儲かっていないなどの背景があります。

もはや銀行だけにお金を預けている時代ではありません!

銀行でやっている融資業務のようなことが、ソーシャルレンディングを利用すれば、個人で行えるわけです。

もちろん安心を歌う銀行にも意味はありますが、リスクを取って資産運用する時代でもあります。

やる・やらないは皆様のご判断ですが、銀行だけに預けている時代はもう終わった。

これは私の想いでもありますし、ブログでファイナンシャル・リテラシーの情報発信をしている理由でもあります。


さて、話題を本題に戻しましょう。


●ソーシャルレンディングの仕組み

具体的に仕組みについて知りたいと思いますよね。

ソーシャルレンディングについて、よく仕組みについてまとめられているのが

クラウドポート

オーナーズブック

と思います。まず始めに是非目を通してみてください。

これらのサイトを確認しておけば、これからソーシャルレンディングをはじめるための大きな認識のズレは発生しないと思います。

上記サイトにも記載があったと思いますが

私が実際に感じるメリットとデメリットを挙げます。

●メリット
・銀行より圧倒的に金利が高い
・毎月のキャッシュフローが得られる
・始めるためのハードルが低い
・分散投資が可能。
・数万円から投資できる


●デメリット
・融資先が焦げ付くと投資資金が戻ってこない場合もある
・投資先の詳細までは公開されていない
・比較的新しい企業が多い
・投資家を保証する制度は無い
・レバレッジが効かない


ただし、デメリットのリスクをなるべく小さくして投資する方法もありますし、みなさんが選べます。

詳細については、また次回の更新で述べたいと思います。

それではまた!

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------

「ソーシャルレンディングって何?!」

こんにちは!(@noborin10)

突然ですが、「ソーシャルレンディング」をご存知でしょうか?

クラウドファンディング(インターネットで様々な案件を募集し、資金を集めて案件を実現する方法)の一種です。

皆さんから少しづつ直接資金を集めて、お金を借りたい人へ「融資」を行い、融資に対する利息を配当として受け取ります。

集めた資金は企業へ一定期間貸し出して、その利息を得ます。 

皆様がご存知の銀行も、結局は同じようにお金を借りたい人へ融資をして、そのリターンを得ています。

銀行は様々な審査や担保の確保や、銀行員への給与の支払などでコストが掛かりますが

ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングの一種ですので莫大なコストが掛からずに、お金を借りたい人へ融資が行えます。

「なかなか難しそうだな!」

と思うかもしれませんが、実はビックリするくらい専門知識もいらないですし、方法も簡単です。

私もソーシャルレンディングを知ったのは昨年なのですが

まだまだソーシャルレンディングについて、個人ブログで情報発信をしている人は一握りです。

世の中は仮想通貨がいろいろな意味で話題になっており、いまや投資をしていない人でも知っていますよね。

仮想通貨とはジャンルが異なりますが、ソーシャルレンディングも盛り上がってきていると思います。

リスクも案件でそれぞれ異なるため、仮想通貨のように上がるか下がるか!などの相場観も必要ありません。

具体的には、次回以降に連載していきたいと思いますが、私が実際にやってみてどうだったのか?など含め

ご興味がある方は是非参考にしてみてください!


それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------
  • 「ふるさと納税のワンストップ特例制度」


「ふるさと納税のワンストップ特例制度」

こんにちは!(@noborin10)

確定申告のシーズンですね。

普通のサラリーマンにはあまり関係ありませんが、副業で雑所得が20万円以上ある方などは確定申告が必要です。

雑所得の確定申告については、別途またブログで書きます。

今回は「ふるさと納税」のワンストップ特例制度についてです。

※2017年度のワンストップ特例制度は、すでに締め切っておりますのでご注意ください。

※特例制度に間に合わなかった方は、確定申告すれば問題ありません!

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組みです。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入ます。

申請書は特産品と一緒に紙が入っています。入っていなければ自治体のホームページからダウンロードも可能です。

それを自治体に送るだけ!

これで、寄附金上限額内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。

※寄付金上限額内は、家族構成や所得により異なります。かんたんな計算サイトもあるのでぜひ調べてみてください!

なお、ワンストップ特例制度については、下記の3点がポイントです。

・確定申告をする必要のない給与所得者等であること
・1年間の寄附先が5自治体以内であること
・自治体へワンストップ特例制度の申請書を郵送していること


ふるさと納税は楽しく納税できるユニークな制度なので、税金の種類でもかなり利用しやすい部類です。

さまざまな目的や背景もありますが、まずは利用してみることが一番のポイントですよ。

それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------

  • 【ふるさと納税の確定申告】


【ふるさと納税の確定申告の方法】

確定申告のシーズンですね。

毎年行っていても、1年に1回だとやり方をさっぱり忘れているので、来年のためにもメモを残します!

「ふるさとチョイス」に詳しい確定申告における控除の仕組みが掲載されていましたのでまとめます。

●どの様に何の税金がどの様に控除されるのか?
・寄附金のうち2,000円を超える部分が税金から控除される。
・住民税と所得税に分かれて控除される。
・確定申告から1、2ヶ月後に所得税からの還付される。 還付金として振り込まれるのは所得税分のみ。
・残りは翌年6月に住民税から控除額が引かれた額が記載された「住民税決定通知書」が届く。

≪たとえば3万円のふるさと納税を行った場合≫

所得税は(30,000円-2,000円)×10%=2,800円が還付金として振り込まれます。
住民税は(30,000円-2,000円)×90%=25,200円が翌年の住民税から減額されます。

※住民税は減額という形で控除されることに注意
※年収、寄附金額、家族構成、その他の控除額等によって、自己負担額や税の控除額は変動します。


●どの様に確定申告するのか

〇方法は2種類

・税務署の窓口で報告書を作成して提出
・国税庁のホームページから申告書をダウンロードし、プリントアウトして提出
 
 どちらかの方法になります。
 後者の方がゆっくり準備出来るので良いですね。
 「ふるさと納税」をされた方が、「確定申告書等作成コーナー」で寄附金控除の申告書を作成し、書面で提出する方法をご紹介します。

 寄附金控除を受ける方(ふるさと納税をされた方へ)
 ※動画になっています。これを見ながら確定申告の書類を作成すればOKですね。

 動画の中にも説明がありましたが、添付資料として下記が必要です。

〇準備物
・源泉徴収票(原本)
・寄附先の自治体が発行した「寄附金受領証明書」
・還付金受取口座の通帳と印鑑
・「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」の原本またはコピー

※源泉徴収票は原本である必要があります。最近は電子交付している企業もあり私は該当したので要注意です。
※銀行口座については、振込先情報が分かっていれば問題ありません。印鑑は銀行に登録している場合はもっていく。

 これで準備はOKですね。
 あとは税務署に提出するだけです!

●その他

・ふるさと納税ワンストップ特例の適用に関する申請書を提出された方が確定申告を行う場合
 ワンストップ特例の適用を受けることができません。

 これは過去に私もハマったことがあります。
 ワンストップ特例で申請書を提出しているが、何らかの理由で確定申告がなり確定申告した場合
 ワンストップ特例が打ち消されます。
 確定申告が優先されるので、寄附先の自治体が発行した「寄附金受領証明書」を再度利用して確定申告しましょう。

給与所得者でふるさと納税が5団体以内の場合は、ワンストップ特例で申請書を提出していると確定申告を行う必要はありません。
※細かな条件はみなさまでご確認下さい。年収2000万以上だと確定申告が必要などの場合も有ります。


・マイナンバーの記載がH29年度(H28年度分の確定申告)から必要です。

「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」の原本またはコピーが必要です。
「個人番号確認の書類」とは、個人番号通知カードや住民票等ですね。
「本人確認の書類」とは、運転免許証などで構いません。
※マイナンバーカードがあれば、上記の「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」は不要

 それではまた!

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------
  • 「通信費を劇的に削減する方法」

「通信費を劇的に削減する方法」

こんにちは!(@noborin10)

毎月の必須となる費用といえば

「住宅・電気・ガス・水道」

などがありますよね。

ここ10年くらいでは、これに加えて

「通信費」

が小さくない、費用の一部になってきました。

例えば家族4人で携帯電話とインターネットの合計で通信費が月3万円払っているとすると

年間で36万円、10年で360万、30年でなんと1080万円。。。

ビックリしませんか? 通信費!


私は通信費こそしっかりと意識するコストだと考えています。

最近ではやはり

「格安SIM」による通信費の削減が有効です。

例えば某大手携帯通信会社で5000円程度掛かっていた場合、2000円程度に抑えることも可能です。

収入を増やすより、支出を抑えた方が効果がすぐ出ます。

通信費が高いと感じていらっしゃる方は、必ず見直してみて下さい。


ちなみに私も格安SIMを利用して、通信費が毎月2000円未満で抑えています。

デバイスも最新のiPhone等でなくても、安いデバイスは沢山ありますよ。

格安SIMは利用していて何も不満はありません。

少しの知識と行動で、すぐに結果が出ることは、是非やってみて下さいね。

それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------
  • 「健康は最大の資産収入源」

「健康は最大の資産収入源」

こんにちは!(@noborin10)

収入を最大化する方法は、たった3つです。

①収入を増やす

②支出を減らす

③お金に働いてもらう


一見簡単そうですが、これが以外と難しいですよね。

ストイックに①~③を行う事が出来れば、サクサクと資産が貯まると思います。

特に②は難しいところです。

①~③以外に付け加えるとすれば、それはズバリ

「健康」で居ること!

かと思います。

目の前の資産を増やすことばかり考えて、無理してはいけません。

健康でいることが、ある意味①にも②にも繋がるわけです。

もちろん適度な運動をしていても、どうしても病気や怪我になってしまうこともあります。

それは仕方ありませんよね。


ですがリスクを小さくすることは出来ます。

例えば基本的なことですが

・適度な運動を心がける。

・車や自転車を安全に運転する。

・公共交通機関を利用する。

・危険な場所にはいかない。

・しっかりと何事にも注意して行動する。


などなど。

日頃の生活が資産運用へも繋がってくることを意識すると、

健康的な生活を送れるようになり、更に資産収入が増える結果になるかもしれません。


頑張っていきましょう!

それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------
  • 「インデックス投資家の3つの共通点」

「インデックス投資家の3つの共通点」

こんにちは!(@noborin10)

インデックスファンドを中心に投資をしている方々を

「インデックス投資家」と私は勝手に呼んでいます。笑

様々な方とお話をさせていただく機会がありますが、みなさん共通しているなと思うことがあります。

その3つとは

---------------------

1.真面目である

2.倹約家である

3.世の中の事に敏感である


---------------------

1.真面目である

殆どサラリーマンをしながら、将来の目標のために少しでも資産を増やそうと努力されています。

本業はしっかりとこなしつつ、投資でもしっかりと稼いでおられます。

インデックスファンドの集まりなどでお話しすると、

周りの同僚と投資の話ができない(したくでも出来ない。変な目で見られるかもしれない。)人も多く、インデックス投資をしている人々が集まると、仲間を得られるので、どんどん話せるのですよね。

普通のサラリーマンに見えても、やはり世の中でのマイノリティーのサラリーマンであることがわかります。



2.倹約家である

FX、バイナリーオプション、短期投資、投機家と異なり、ギラギラしている方がほとんどいません。

これはやはり投資スタイルの違いから来ているのでしょう。

身に着けている服や装飾品も派手な人はほぼ見かけず、倹約していることがとても分かります。

私も普段はユニクロばかりで、倹約した分を投資に回しているという方も多い気がしております。



3.世の中の事に敏感である

これも特に感じますね。

投資に限らず、「保険」・「節税」などについてしっかりと使いこなしている人が多いと思います。

例えば個人型確定拠出年金などの話は、近所や会社で話すことにはまずなりませんが

インデックス投資家同士なら、個人型確定拠出年金についてもスラスラと会話が可能です。

企業型確定拠出年金の加入対象者であっても、個人型について知っているのです。

これは普通に考えると驚くべきことですが、アンテナが高い証拠なのでしょう。

そのほかに「ふるさと納税」なども高い割合で利用している方が多い気がします。

みなさんもインデックス投資家になって、いろいろ交流しませんか?

仲間を増やして、いろいろと情報共有をしていきましょう!

それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------
  • 「インデックスファンドの歴史が変わるかもしれない」

「インデックスファンドの歴史が変わるかもしれない」

こんにちは!(@noborin10)

先月の内容ですが、毎年恒例の投信ブロガーが選ぶ投資信託のランキングが発表されています。

これはその名の通り投信ブロガーがその年に選び出す形式というユニークなイベントです。

Fund of the Year 2017の第一位は・・・

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 
※愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式) 楽天VTとも呼ばれる。

バンガード社が運用する「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」を実質的な主要投資対象としたファンドです。

これまでETF(上場型投資信託)のみで販売されていましたが、インデックスファンドとして登場し

販売手数料がゼロ

信託報酬は年0.2396%(税込)程度

という超低コストのファンドになっています。


これ1本だけで全世界に投資できますし、インデックス投資家にとっては強力なファンドが登場してきました。

----------<参考>---------
ランキングは次の通り

1位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

2位 :<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

3位 :楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

4位:野村つみたて外国株投信

5位 :eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
------------------------------------

ある意味インデックスファンドの歴史における、一つの節目になったことは過言ではないが気がしております。

最近まわりの同僚などに

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」はおススメですか? 

と聞かれることが多くなりました。

「全世界の株式に低コストで投資をしたいなら、おすすめです」

と伝えています。

ですが、実は私の中で、このような良いファンドの先に対する一末の不安があります。

低コスト戦争の先にある今後はどうなるのだろうか?

ということです。

私は低コストは素晴らしいことだと思いますが、低コストすぎることについては疑問を感じています。

例えばこのままより低コスト化が進み、実質信託報酬が0.10未満になってきたら、確かに素晴らしいファンドですが

あまりにファンドを提供する側が儲からない

ということになります。

「安ければ安いほうがいいじゃないか!」と思うかもしれませんが

私は適正価格を重視しています。

つまり、投資家もファンドを販売する側も末永く付き合えることが、インデックスファンドの重要な使命だと思うのです。

5年、10年くらいで低コストのインデックスファンドが潰れて、また乗り換えてなどしていたら、めんどくさくて仕方ありません。

一昔前の「牛丼戦争」のように、最初は牛丼並盛を400円で販売していたのに

様々なライバル企業が乗り込み200円台で牛丼が食べられる時代があったかと思います。

デフレの象徴であり、牛丼を提供する側の疲弊、ワンオペ、店が続けられず閉める。。。

そのような状況の後に、結局各社が牛丼の価格を上げて調整されたわけです。

今となってはあの牛丼戦争はなんだったのか? と思いますが

インデックスファンドについても、これ以上の低コスト化が起こると

大企業のファンドだけが生き残り、独立系などのファンドはつぶれていくなど

そのような事態が起こるのではないかと考えています。

もちろん価格競争ですから、それは仕方ない一面もあります。

超低コスト化が進む場合

結局は先ほどの牛丼戦争のように、あれはなんだったのだろうか?という時代が巡ってくるような気がしております。

それではまた。

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
------------------------