学校では教えてくれないお金の話

長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

プロフィール

のぼり

Author:のぼり
ツイッターアカウント
@noborin10
サラリーマン投資家。
投資歴は10年以上です。
長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

FC2カウンター

検索フォーム

【ソーシャルレンディングにおける確定申告】

確定申告のシーズンですね。

今回はソーシャルレンディングにおける確定申告です。

3月15日が期限ですので、まだの方は急ぎ対応しましょう!

私も初めてですが、ポイントをかいつまんでみます。

ソーシャルレンディングから得られる所得(利益)は、税金の種類として雑所得になります。

税金の種類

・利子所得
・配当所得 ※株式・債券・投資信託などはこれです。
・不動産所得
・事業所得
・給与所得 ※サラリーマンの給与はこれです。
・退職所得
・山林所得
・譲渡所得
・一時所得
・雑所得  ※ソーシャルレンディングはこれです。

総合課税方式で課税されます(課税の方法が所得の種類に関係なく合算して課税される方式)

この中で株式や債券や投資信託などの配当所得は、申告分離課税方式が可能です。

具体的には、配当所得が確定するタイミングで20%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%=20.315%)が引かれています。

つまり、確定申告は不要です。(証券会社の口座を開設するときに、申告分離課税方式を選択している必要があります)

ソーシャルレンディングは、雑所得による総合課税方式です。

ソーシャルレンディングにおける分配金からの利益が、1年間で20万円以上あると、確定申告が義務となります。

例えば、ソーシャルレンディングで500万円を6%で運用すると、分配金は30万円ですよね。

30万円を分配金として受け取っているとします。

30万円の分配金を受け取るときに20%の源泉徴収がされています。

30万円 - 6万円 = 24万円

「え?確定申告が必要なの?」と思うかもしれませんが

ざっくり簡単にお伝えすると

この24万円が利益になるわけですが、20万円以上の利益を得ていますので、確定申告が必要となります。

これはソーシャルレンディングに限らず、雑所得で20万円以上の所得(利益と考えて下さい)を得ていれば、確定申告が必要になります。

最近ではメルカリなどでフリマで年間20万円以上の利益が出た場合でも必要なのです。

なぜ分配金を得るときに源泉徴収を20%引かれているのに、確定申告が必要なのか?と思うと思いますが

源泉徴収では、とりあえずあなたの所得は分からないけど、20%の税金を引いてたよ。っていうイメージでも良いと思います。

総合課税方式では、サラリーマンなら給与所得などと一緒に計算しますので、人によって所得が違うので、確定申告によって改めて計算が必要なのです。

もし確定申告した結果、税率が10%ということなら、後から税金が還付されます。

この様に確定申告した方がメリットになるケースもあります。

逆に、所得税率が20%を超えていた場合には、源泉徴収済みの20%との差額分を納税しなくてはなりません。

所得税の税率は、分離課税に対するものなどを除くと、5%から45%の7段階(平成19年分から平成26年分までは5%から40%の6段階)に区分されています。

所得税の速算表

20180220_1.jpg

(注) 例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。
 700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

ということになります。

具体的な確定申告による申告方法は、下記のブログが便利が画像付きで便利と思います。

クラウドポート
【最新版】不要な場合も。ソーシャルレンディングの確定申告方法。

1億人の投資術
ソーシャルレンディングで確定申告が必要な場合とその方法

※詳細について確認する場合はしっかりと税務署にもご確認お願いいたします。

 それではまた!

------------------------
ツイッターで時々つぶやきます。(@noborin10)
ランキングに参加中です!ポチッとクリックして頂けますと幸いです! 
♪クリックお願いします!♪

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
------------------------
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する