FC2ブログ

学校では教えてくれないお金の話

長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

  • 「投資をする時に押さえるべきポイント」

「投資をする時に押さえるべきポイント」

投資には様々な方法がありますが、行き着く5つのポイントがあります。

・長期

・分散

・積立

・低コスト

・ノーロード


これだけです。

つまりこれに反比例する事は、長期的に見るとあまり効果が無いことが歴史的に証明されています。

もう少しみてみましょう。

・長期 
デイトレードの様な短期投資ではなく、1年5年10年20年のような長期的に投資を行うことを長期投資となります。1年未満の短期的な投資では、リターンが得られる年もありますが、得られない年もあります。結局いつの年にリターンが得られるかなんて誰にも分かりません、ですが10年、30年、50年と考えると、右肩上がりにしかなっていません。これは本当です。単年度ではマイナスの年もありますが、長期的なチャートでは右肩上がりです。

・分散
個別株式などではなく、様々な企業に分散投資しましょう。
具体的には日経225やTOPIX等のインデックス投資です。
これにより個別株式ではなく、投資信託により各企業への分散投資が可能です。
また、日本株式だけでなく外国株式、国内外の債券などにも投資することで更なる分散投資が可能となりリスクの低減が可能です。
 
・積立
投資のタイミングは素人にもプロにも読めませんので、毎月コツコツと投資することで、購入のタイミングを考慮せずに投資することが出来ます。
これはドルコスト平均法と呼ばれる手法です。

・低コスト
金融商品を購入するうえでは、手数料が安い証券会社やファンドを選びましょう。
特に投資信託を購入するときに、信託報酬という維持手数料がありますが、1%未満のがお勧めです。最近は0.1とか0.2%の低コストを実現したインデックスファンドも多いので、投資環境としては最適です。

・ノーロード
ノーロードというのは、投資信託の販売手数料がゼロ円という意味です。
世の中の投資信託の多くは、この販売手数料を取っています。
仮に販売手数料が3%とすると、100万円購入しても、最初から97万円になるわけです。
ありえないですよね。。ノーロードではない投資信託は買わなくて良いと考えて頂いて構いません。

少し長くなりましたが、上記の5点を抑えたファンドであれば、そこまで大ハズレなファンドはありません。

ブロガーの方々は、みなさん良いファンドを紹介していますので

銀行員や保険販売員は信用せず、ブロガーを信用することがポイントです。

これ、嘘のようで本当のことです。

ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する