学校では教えてくれないお金の話

長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

プロフィール

のぼり

Author:のぼり
ツイッターアカウント
@noborin10
サラリーマン投資家。
投資歴は10年以上です。
長期投資・投資信託・インデックスファンド・保険・節税・ソーシャルレンディング・個別株式などの資産運用に関する情報発信をします。

FC2カウンター

検索フォーム

  • 「マイナス金利の影響が個人に」

「マイナス金利の影響が個人に?!」

マイナス金利が導入されてからしばらく経っています。

そのうち個人にもマイナス金利の影響があるのではないか?と前々から思っていたのですが

こんなニュースがありました。

3メガ銀、口座維持手数料を検討 マイナス金利で苦境

口座維持手数料をめぐっては、海外の商業銀行はほぼ全て導入しており、「無料」は日本のみだ。

産経新聞

だそうです。

日本だけなのですね。無料は。

でもこれって、前向きに考えると、投資を考える良いきっかけになると思うのですよね。

預金も大事ですが、投資も大事だと思います。

ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
  • 「投資と投機の違い」

「投資と投機の違い」

投資と投機の違いって、意外と知っているようで知らないですよね。

wikipediaで調べてみると・・・

・投資
 投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す

・投機
 投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。


少し分かりにくいのですが、分かりやすく捉えると

投資は将来にリターンとして得られるもの。成長する。 → 長期。株式投資。 

投機はギャンブルで不確実性が高いもの。成長しない。 → 短期。ギャンブル。

と考えられると思います。

宝くじ、パチンコ、競馬、デイトレード、FXなどが特に投機に分類されます。

時々周りの方と投資について話していると

「それって投資じゃなくて投機ですよね?」

と思うことがあります。

個別株式によるデイトレードや、FXによる短期売買などを行っている方が

投資だと思って行っている事には、ものすごく違和感を感じるわけです。

その違いについては、やっぱり理解する必要があると思います。

ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

  • 「銀行カードローン縮小へ」

「銀行カードローン縮小へ」

産経新聞の記事
--------------------------------------
「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ
http://www.sankei.com/economy/news/170915/ecn1709150041-n1.html

国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。家族からの申し出で、新規貸し出しができないようにする「貸付自粛制度」の導入も検討する。これにより、拡大の続いたカードローン利用が縮小に向かう可能性もある。

 即日融資の取りやめは、借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するのが狙い。運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。
--------------------------------------

銀行カードローンを利用したことはありませんが、最近は融資の条件がかなり緩くなっているようで、様々な社会問題にもなりつつあるようですね。

借金を返すための融資(借金)の場合、ますます変な方向になってしまうので気をつけた方が良いと思います。

最近は金融庁の様々な対策や施策が次々と出ていますね。

個人的には2018年1月から開始する「つみたてNISA」について興味を持っています。

いろいろな税制優遇がありますので、使わない手は無いと思っています。

方針が固まってきたら取り上げたいと思います。

ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

  • 「地政学リスクに備える方法はあるのか?」

「地政学リスクに備える方法はあるのか?」

males-1002779_960_720.jpg 

最近北朝鮮問題が日々取り上げられていますね。

投資の世界には様々なリスクがありますが、

こういった地域の政治的な不安定さが株価などに影響を及ぼすことをリスクがあります。

「地政学リスク」です。

私もよく分からないので、金融情報サイトから「地政学リスク」について調べてみるとこんなことが書いてありました。

---------------------------------------------------
ある特定地域が抱える政治的・軍事的・社会的な緊張の高まりが、地球上の地理的な位置関係により、その特定(関連)地域の経済、あるいは世界経済全体の先行きを不透明にすることをいいます。
日本に身近な北朝鮮の動向は、世界的なインパクトを与えることはあまりないですが、日本や韓国、中国などの東アジア地域では大きな不安定要因であり、時として本地域のマーケットに大きな影響を及ぼすことがあります。
なお、資産運用において、地政学リスクは、予測が非常に難しく、ある日突然リスクが顕在化して、マーケットの流れを大きく変えることがあるので、日々の国際情勢の動向には注意が必要です。
---------------------------------------------------

正直、一番備えようのないリスクな気がしております。

個人でどうにか出来る問題では無いからです。

仮にミサイルが米国、日本、韓国のいずれに落ちたとしたら、株価は暴落です。

そもそも人の命、自分の命もあるかは分かりませんからね。。

正直そこまで考えても仕方が無いので、ニュースはちゃんと聞きつつ、考えすぎないようにしています。

一番気になるのは「為替」の動きです。

東日本大震災が発生したときや、リーマンショックの時、日本または海外で大きな出来事が起こると、急激な「円高」が進むことが実証されています。

そうすると、地政学リスク、価格変動リスク、為替リスクあたりが一番影響を受けるかもしれませんね。
ともかく地政学リスクには常に情報収集をしておきたいと思います。

ランキングに参加しています。ポチッとクリック頂けますと喜びます!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村